トップページ > 任意整理を行った場合のカードローンの申込み > 任意整理を行った場合

任意整理を行った場合

借金癖を持つと、人間は中々そこから脱出がし難いと言います。 そのため、債務整理を行う事でブラックとして登録が行われ、登録されている間はキャッシングやカードローンを利用する事が出来ませんし、クレジットカードを作る事も出来なくなります。 債務整理と言うのは借金を整理する事を意味しているのですが、多重債務などになって借金の返済が困難になった場合、弁護士などが相談に乗りながら、債務を整理していくもので、任意整理、特定調停、個人再生、そして自己破産などの方法があります。 その中でも任意整理と言うのは、借金を整理した後、一定期間の中で借金を分割払いで返していくと言う方法です。 任意整理は、基本的には一定の収入が見込める場合に行われるもので、収入が見込めない場合などでは自己破産をすることになります。 任意整理をする事で、ブラックとしての登録が行われる事になります。 任意整理を行った場合のブラックとして登録される期間は5年間になりますので、その間にカードローンの申込みを行っても、ブラック登録されている事が判明しますので審査に通る事は難しくなります。 仮に審査に通ったとしても、それは合法でのカードローンではなく、ヤミ金と呼ばれる金融会社のものですので利用をしてはなりません。 しかし、5年を経過する事で、カードローンの申込みを行っても、審査に通ることになるわけです。 一生涯となると辛い物ではありますが、5年後にはカードローンの申込みが出来、審査に通る事が出来ると言う事は、お金が急に必要になった場合でも安心と言えます。 尚、カードローンはATMなどを利用して現金を自由に引き出させるキャッシング商品である事からも、使いすぎに注意が必要なキャッシングでもあり、カードローンの利用限度額と言うのは審査により決められる事になるのが特徴です。
借金癖を持つと、人間は中々そこから脱出がし難いと言います。 そのため、債務整理を行う事でブラックとして登録が行われ、登録されている間はキャッシングやカードローン