トップページ > カードローンの審査では奨学金の滞納は? > 奨学金とカードローン審査の関係性

奨学金とカードローン審査の関係性

カードローンの審査は、奨学金とは実は関係があります。そもそも奨学金というのは、返さなければならないものです。その奨学金の返済が滞った時には、実はカードローン申込みに対する影響が生じることになります。というのもカードローンでの審査の項目には、延滞というものが関係してくるのです。どこかの会社で過去に延滞をした事実が発覚した場合、カードローンの審査で落とされてしまうことが有るのです。例えばA社に申し込みをしたとします。ところがその時の審査にて、「過去にB社にて滞納していた」という履歴が発覚したとします。その場合は、A社での申し込みが難しくなってきてしまうという事例などが有るわけです。ですのでカードローンは、延滞はかなり重要なものなのですが。そしてその延滞というものは、奨学金にも関係してくるのです。上記でも申し上げた通り、奨学金というものは「返さなければならない」お金です。過去にその返済が滞ったことがあった場合、カードローンの審査で落とされてしまうことなども有る訳です。ですので奨学金は、カードローンとは実は大きな関係があるわけです。ただし奨学金の滞納には、実は時効が存在します。滞納しているという履歴が有効なのは、5年間です。例えば平成20年に、滞納が発生したとしましょう。その場合は、平成25年まではその履歴によってカードローンを利用するのが難しくなります。カードローンの審査に通るとしたら、平成26年以降になってくるという訳です。このため奨学金の滞納が発生している方の場合は、しばらくの間はカードローンの申し込みは困難になってくると言えます。その「しばらく」というのが、5年間という訳です。
カードローンの審査は、奨学金とは実は関係があります。そもそも奨学金というのは、返さなければならないものです。その奨学金の返済が滞った時には、実はカードローン申込