トップページ > 公共料金の延滞は審査に影響するのか > 公共料金の延滞はどうなる?

公共料金の延滞はどうなる?

カードローンを契約したいという場合、必ず審査を受けなくてはいけません。 このカードローン審査は、大手ならネットで簡単に受けることができますし、とても敷居が低いものとなっています。 しかし、やはりお金を借りるということですから、誰でも審査に通るというわけではありません。 当たり前のことですが、借りたお金を利息をつけて返済できるだけの安定した収入がある方でないといけませんし、過去や現在にキャッシングやローンなどの延滞がある場合はカードローンの審査に通りません。 住宅ローンや車のローンなども、延滞しているとカードローンは契約できないでしょう。 では、公共料金の延滞はどうなるのでしょうか。 うっかりしていて引き落とし日を忘れていたとか、生活が苦しくてついつい公共料金を後回しにしてしまったという経験がある方は多いのではないでしょうか。 実は公共料金の延滞がカードローン審査に影響するかどうかというのは、その支払い方法をどう設定しているかによります。 多くの方は公共料金を口座引き落としに設定しているのですが、この場合はカードローン審査に影響しません。 なぜかというと、公共料金というのは信用情報に含まれないからです。 信用情報というのは金融機関からの金銭の貸し借りの情報ですから、公共料金はこれに含まれないんです。 しかし、これをクレジットカード払いに設定している場合、カード会社が間に入ることになるので、この場合はカードローンの審査に影響を与えることになります。 何もかもクレジットカード払いにしていると、ポイントが溜まったりしてお得なのですが、実はそういうデメリットも存在するのです。 絶対支払いが遅れない自信があるなら大丈夫ですが、自信の無い方はできるだけ口座引き落としにした方が良いかもしれませんね。
カードローンを契約したいという場合、必ず審査を受けなくてはいけません。 このカードローン審査は、大手ならネットで簡単に受けることができますし、とても敷居が低いも