トップページ >  カードローン審査Q&A >  審査で見られる勤続年数など

勤続年数が短い場合は?

カードローンというサービスを利用するには、審査があります。というのもカードローンの審査で落とされてしまいますと、申し込みをお断りされてしまうからです。カードローンの審査で見られる点の1つは、安定収入があるか否かです。そのためカードローンの審査では、勤続年数なども見られることになります。勤続年数というのは、現在のお勤め先でどれぐらいに勤めているかを示す年数です。現在1年間お勤め先で勤務実績があるのでしたら、カードローンの申し込み書には1年と記載することになるわけです。ここでポイントになってくるのは、その勤続年数があまりにも短期間ですと審査で落とされしまう可能性があるという点です。例えば勤務先にて、1ヶ月ぐらいの勤務実績であるとします。そのような短期間での勤務実績の場合は、カードローンの申し込みをお断りされることなども有るという訳です。しかし勤続年数が1年の場合は、1ヶ月の場合よりはカードローンの審査に通りやすいという訳です。具体的にどれぐらいの期間でしたら問題がないのかは、各カードローンの会社によって色々異なります。ただし審査というのは、勤続年数だけが見られるものではありません。複数の要素を見られることになるものです。例えば、現在の年収がどれぐらいあるのか等も重要なデータです。それと、そもそも現在の勤務先に勤めているかどうかという問題があります。つまり実際には勤めていないのに勤めていると虚偽申告をした場合などは、お断りをされてしまう可能性があります。その他にも、居住年数なども重要な項目になってくるものですが。このようにカードローンの審査では、勤続年数以外にも色々な点が見られるという訳です。見られる点の1つが、勤続年数という訳です。