トップページ >  カードローン審査Q&A >  他のカードローンへの借り換える時の審査

借り換え時の審査はどうなるの?

カードローンを長年使い続けていると、金利の高さから返済ができなくなり、他社でカードローンを新たに契約するケースがたくさんあります。これにより、毎月の支払いを滞納することはなくなりますが、単純に高金利で借り入れをするカードローンの件数と金額が増えたことになりますので、利息はさらに高くなってしまいます。その結果、毎月の支払額が生活費を大幅に圧迫することも多く、破産などの債務整理手続きに移行してしまうのです。このようなことになる前に、一度カードローン借り換えのための審査を受けてみることをおすすめします。借り換えとは、高利のカードローンの残債務を、低金利の他社の融資で完済して、今後はその一社のみに返済を続けていく方法です。カードローンの借り換えをするためには、審査を新たに受ける必要はありますが、この審査に通ればその後は低金利での返済を一箇所だけにしていけばよくなるため、負担が大幅に軽減されます。カードローンの借り換えが可能な融資といえば、銀行のフリーローンや消費者金融等のおまとめローンなどが一般的です。これらは基本的に高額の融資を無担保で行いますので、審査も必然的に厳しくなります。借り換え先の審査に全く通らない場合には、不動産担保などで担保を提供して、まとまった金額の融資を受ける必要がありますので、自分が本当に借り入れをできるかどうかは非常に重要です。審査基準は本人の支払い能力に大きく影響され、年収や職業、勤続年数、これまでの返済履歴などがチェックされることになります。おまとめローンの場合は借り入れ金額についていわれることはほとんどありませんが、フリーローン等を利用するときは、借り換え目的であることも伝えたほうが良いでしょう。