トップページ > 無職の場合の審査基準 > 無職の場合にはどのような基準で判断されるかがポイント

無職の場合にはどのような基準で判断されるかがポイント

カードローンの申し込みの際には必ず融資が可能かどうかの審査が行われますが、無職の場合にはどのような基準で判断されるかがポイントになってきます。カードローンに限らず何らかの融資を受ける場合には仕事をして収入を得ていることが基本的な条件となってきますので、無職で融資を受けることは厳しくなってきます。消費者金融のカードローンでは比較的審査が緩やかになっていますが、収入を得ていることが条件となっていることに変わりは無いのです。特に消費者金融のカードローンでは総量規制が関係してきますので、年収の3分の1までが利用可能額となります。ですから無職で収入が無い場合には審査基準に満たないことになります。しかし無職と言うのは正社員として勤務していることだけではなく、アルバイトやパートでも一定の収入を得ていれば審査基準を満たすことになりますので、無職でカードローンを利用するには審査基準である一定の収入を得ることが大切なポイントになってくるのです。消費者金融のカードローンは総量規制の対象となりますので、アルバイトやパートの収入では融資額が低くなってしまいますが、それでも全く借りられないということではなく、収入に応じた額を利用することが可能です。カードローンは来店不要で申し込みができ即日振込みが可能な利便性の高い融資となりますが、審査基準を満たすためには仕事をして収入を得ることが重要なのです。無職と言えば主婦も該当しますが、貸金業法が改正されるまでは主婦でもカードローンを利用することができましたが、現在では無職への融資は行われていまでんので、アルバイトやパートによって収入を得ていれば、主婦や学生でもカードローンを利用することができるのです。
カードローンの申し込みの際には必ず融資が可能かどうかの審査が行われますが、無職の場合にはどのような基準で判断されるかがポイントになってきます。カードローンに限ら