カードローンの気になる審査内容をQ&Aで解説!ローン審査が不安な方や主婦、学生など審査が通るポイントやカードローン審査ガイドでは審査に通りやすいのはどんな人?などわかりやすく紹介しています!

カードローンは他のローンに比べて審査が甘い!?

カードローンとはとても便利なもので、今では店舗に出向く必要がなく、インターネットで申し込みから借り入れができるようになっています。自宅から一歩も出ることなく利用できますし、仕事の合間にでさえも携帯電話で申し込めば即日に借りることができます。さらにカードローンは申し込み対象者の範囲が幅広いことも大きなメリットです。ほとんどの業者では、パートやアルバイトでも申し込むことができるようになっています。主婦や学生でも、ある一定の収入が継続的にあれば申し込むことができるのです。そして、カードローンは教育ローンや住宅ローンとは異なって、資金の使用目的を問われることはありません。自分の欲しいものを買いたいときにでも、飲み会や冠婚葬祭で急に資金が必要になったときにでも良いのです。また、審査も他のローンに比べると甘いものとなっています。幅広く多くの人が利用しやすいようにするには、業者は甘い審査をせざるを得ないのです。もちろん、甘いからといっても過去の返済実績に問題があると審査は通過できない場合があります。したがって、手軽で甘いとはいっても返済は確実に行わなくてはなりません。ただ、ほとんどのカードローンはコンビニでの返済が可能になっています。ついうっかり返し忘れていても、夜中に気が付けば返済ができるようになっています。とにかく返済計画をしっかり立てて、そのとおりに実行していくことでしょう。甘いからといって、やみくもにカードローンを使うべきではありません。それから、カードローンの審査はとても迅速です。消費者金融業者によりますが、即日に審査結果が判明するケースがほとんどです。節度を持ってカードローンを利用すれば、とても便利ですぐにお金を手に出来ます。

カードローンの審査基準を通過するためには?

カードローンを利用するためには、審査を受ける必要があります。この審査を通過して初めてカードローンを利用することができるのです。多くの方は、カードローンの審査は厳しいものだと認識しているのですが、特別審査基準が高いというわけでもないのです。一般的に消費者金融よりも銀行系のローンの方が基準が高いと言われています。審査基準でのポイントがいくつか存在します。まず、新規の申し込みか過去も取引をしていたかがポイントの一つです。以前に、何かしらの問題を起こしたり、問題のある取引を行っていた場合は断わられるケースがあります。次に他社で支払いの延滞などが発生している場合は返済能力が低いと判断され断わられることがあります。居住・勤務年数も審査対象である場合が多いです。居住年数が短く、転々としている場合や、勤務年数が短く、転職を繰り返している場合は、安定性の部分で低い評価になってしまうことがあります。銀行系のカードローンは、年収を重視する傾向にあります。消費者金融の場合は、年収ではなく、安定した収入があるかどうかを判断基準としている場合が多いです。カードローンの審査で重要なのは在籍確認です。これはカードローンの申込時に記入した会社に、実際に勤めているかを調べるものです。調査方法としては、一般的に会社に電話をかけて確認します。この時に、利用したカードローン会社の名前は出されません。ですので、カードローンを利用したことを他の人に知られることはありません。審査の時間は基準や会社によって異なりますが、早いところで1時間以内で終了します。一般的に消費者金融の方が早く終わると言われていますので、脱毛完全ガイド【脱毛サロン口コミランキング】から好きな脱毛サロンを選びたいと思った時や、緊急でお金が必要な時でも安心です。銀行系は時間がかかると言われていますが、条件により早く終了することもあります。

カードローンの審査内容で重要な職場への在籍確認

消費者金融会社や銀行からお金を借りたい時は、まず相談をして審査を通して契約を結びます。このときの審査スピードは会社によって違いますが、審査内容として関わってくる項目はほぼ似通っています。カードローン審査の内容を一通り把握しておけば、いざという時も不安なく借りられます。 カードローンを審査を進める前に知っておきたいことの一つとして、在籍確認があります。これは、借りたい本人が申告した通りの勤務先に在籍しているかという確認作業になります。申し込んだカードローン会社から職場に電話連絡が入ります。そのため、職場の上司や同僚が最初に電話を取るケースもありますが、連絡の時間帯は事前に打ち合わせておけます。 カードローン会社は、担当者の名前で電話を掛けるケースがほとんどです。そのため職場の人間にカードローンを申し込んでいるという事実が判明するわけではありません。職場に知られたくない人が多いため、会社側も配慮しています。 このような本人確認は、カードローンの審査としてほぼ避けては通れないことですが、企業側は秘密厳守の意識が徹底しているため、安心して利用できます。連絡がある日にきちんと職場に出勤し、電話に出るという基本を守ればクリアできる項目です。 カードローンの審査さえ通れば即日で借りられるところもあります。利息や返済期限の不明点は、電話やメールで問い合わせられます。最近はインターネットで契約を容易に行えるサービスが増加しています。借りられる場所も増え、コンビニATMなどが利用できるため益々身近になっているのです。 審査前にオンラインで診断も可能です。現在借入していて融資してもらえるか疑問がある時も、事前に調べてもらえるため便利です。

複数の会社のカードローン審査を同時に受けるとどうなるか
近々大きな出費が控えているとき、アンダーヘア脱毛をしたいとき、一時的に生活費が足りないときに、カードローンが使えたら便利であるというのは確かですね。 しかし、勿論お金の貸し借りなので、審査に通った人でないとカードローンを契約することはできません。 カードローンの審査に通るのはそんなに難しいことではなく、返済能力があり、信用情報に問題がなければカードローン審査にパスすることができるでしょう。 逆に、それを満たしていないと間違いなく審査に通らないということになりますね。 また、もう一つ重要なことは、総量規制の問題です。 自分の年収の三分の一以下でないと借り入れができないことになっているので、カードローンの限度額は年収の三分の一以下ということになります。 では、総量規制に引っかからなければ複数のカードローン会社から借り入れができるのかということですが、これは人によるところはありますが、延滞無く返済していれば、恐らく問題ないでしょう。 ただ、複数のカードローン会社に同時に審査を申し込む場合はちょっと違います。 複数の会社に同時に申し込む必要がある人というのは、概ね返済能力に問題が発生することが予測されるからです。 例えば、複数の会社から借りられるだけ借りておいて、自己破産しようと目論んでいる人も中にはいるんですね。 ですから、貸し借りの履歴だけでなく、金融業者間では申し込みの情報も共有しているんです。 もし複数の会社に同時申請していることが発覚したら、恐らく断られてしまう可能性が高いでしょう。 専門用語で言うと申し込みブラックといって、しばらく経ってからまた審査を受けたとしても、落とされてしまう可能性が高くなります。 ですから、複数同時申し込みというのはできるだけやめておいた方が良いですね。